子供を授かる可能性を高める為に不妊治療を受けよう

人工授精

受精卵を誕生させる

受精卵を誕生させる場合、多くは培養液内で自然に受精するのを待ちますが、精子が活動的ではない場合は医療機器によって卵子に直接精子を注入することで受精卵を作ります。これは不妊治療の代表的なイメージとして捉えられていますが、こうしたテクニックを利用する場合はそこまで多いわけではなく、半数ほどは培養液内での自然受精となっているのです。
また、この注入の際に用いる針は極細のものであり、電子顕微鏡でしっかりとチェックしながら行われるため、卵子が損傷すると言った心配はありません。この方法で誕生した受精卵は再び子宮に戻され、着床するまでを待つことになります。不妊治療では一度の採取で数回分の卵子と精子を保存しておくため、一回の不妊治療で何度かのチャンスが存在しています。

子宮にもどす

受精卵を子宮に戻す方法は精子を送り込む方法と同様であり、注射器のような器具で子宮口から注入する形となります。この際には細い器具が使用され、必要な場合は麻酔も使用される為、痛みはほとんどありません。受精卵がそのまま着床するかどうかは子宮内の状態にかかっている為、不妊治療で人工的に行えるのはこのステップまでとなります。
また、着床しやすい状態にする為にホルモン剤を注射、服用することで子宮内の活動を変化させ、着床させやすい状態にするというサポートも行われます。それによって無事懐妊すれば、不妊治療は成功するのです。

Copyright (c) 2015 子供を授かる可能性を高める為に不妊治療を受けよう all reserved.